大手と地域密着型

結婚年齢が高くなっている今、婚活産業がとても人気です。現在女性は30~35歳で結婚する人がとても多いとも言われています。なぜこれほど結婚が遅くなってしまったのか。それには女性の社会進出などもあるようです。他にも女性も一人で生活できるだけの収入を得ることもでき、能力も認められるようになったことから、結婚だけがすべてではなくなってきたのです。とはいってもいつかは結婚したいという気持ちはあり、出産のことなどを考えて30~35歳辺りになると、真剣に結婚を考えるのではないでしょうか。

しかしいざ結婚しようと思っても、なかなかすぐに相手が見つかるものではありません。だからこそ結婚相談所が注目されているのです。その中でも地域密着型の結婚相談所が人気と言われています。では大手の結婚相談所とどのような違いがあるのでしょう。まず価格的に大手より安いということもあるのではないでしょうか。そして同じ地域の人との出会いができるという、親しみやすい紹介者が多いとも言われています。

またキメの細かいアドバイスなど、温かいサポートが望めるのも地域密着型の結婚相談所の特徴です。そしてスタッフも近所のおばちゃんのような親しみやすいイメージもあり、現実にもとても親しみやすい担当者の人たちがサポートしてくれることも。こんなことからも大手より魅力があるのではないでしょうか。